トップページ用語説明>稲
    

稲とは


イネ(稲)は、イネ科 イネ属の一年草。学名 Oryza sativa(アジアイネ・サティバ)。アジアをはじめ、ヨーロッパ、南北アメリカ大陸で栽培される作物。

イネにはこのほかに、西アフリカを中心に栽培されている O. glaberrima(アフリカイネ・グラベリマ)があるが、通常イネと言う場合は、 O. sativa を指す。

祖先はアジア・オセアニアに自生する O. rufipogon と推定されている。

これら栽培イネに対して、野生イネ(Oryza australiensis)がある。



収穫物(米)は、世界三大穀物の一つ。イネの栽培(稲作)が日本に伝わった経路について3つの説があるが、その時期は縄文時代だと考えられている。また、米を醗酵させ酒とする醸造法も、ほぼ同時に中国から伝来したものと考えられている。

イネは北海道北部を除く日本全土に広まり、現在、北は亜寒帯に属する北海道から、亜熱帯に属する沖縄まで広い地域で栽培されている。

稲
(稲)


同じカテゴリー(用語説明)の記事画像
ひえ
東アジア
エノコログサ
同じカテゴリー(用語説明)の記事
 脾臓 (2006-01-16 00:01)
 腎臓 (2006-01-15 00:01)
 高密度リポタンパク質 (2006-01-14 00:01)
 動脈硬化 (2006-01-13 00:01)
 コレステロール (2006-01-12 00:01)
 マグネシウム (2006-01-11 00:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。